2014年03月19日

家具丁番(金具)金属磨き 

家具修理札幌.com/家具工房花のブログ担当の和田です。

開き戸の家具で、スライド丁番ではないタイプで、
長く使用していると、長い年月で汚れが付着したり、
サビが発生する場合があります。
CIMG3823.JPG
丁番(金具)はまだまだ使用できる状況なので、
金属磨きを使用し、汚れとカビを除去しました。
m1.jpg
金属磨きに使用したのは、
「ピカール」です。
白いウエスにピカールをつけ、
辛抱強く、何回も何回も磨き続けます。
ウエスが黒くなれば、白い部分でまたこすり続けます。

そうすると、
m2.jpg
カビの跡は残りますが、
結構綺麗になります。









posted by 家具修理屋 at 21:08| メンテナンス | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

持ち込み修理について

家具修理札幌.com/家具工房 花のブログ担当和田です。
お忙しい中ご覧いただき、ありがとうございます。

家具修理のご依頼に関して、通常は修理品を工房の自社便にて、
お引取り、修理完了後お届けさせていただいておりますが、
お客様自身で持ち込み、お引取りも可能です。

できましたら、事前にお電話にて持込可能か、
御連絡していただけましたら幸いです。
(置き場所の問題で、持ち込み日時の御相談を、させていただく場合がございます)

事前に概算金額をお知らせ可能な場合と、
持ち込みしていただいて、お見積り金額を後日お知らせ
させていただく場合がございます。

お支払いは、お引取り時に現金にてお支払いになります。

持ち込みしていただいた場合は、
持込割引の価格に、させていただいております。

ご覧いただき、ありがとうございます。










posted by 家具修理屋 at 21:45| 持ち込み修理 | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

リクライニングチェアー修理~背もたれ

リクライニングチェアー修理~背もたれ、について

家具修理札幌.com/家具工房 花のブログ担当の和田です。

お忙しい中ご覧いただき、ありがとうございます。


オフィスや自分の部屋用に、リクライニングチェアーを購入し、

年数が経過すると、いろいろな部分が弱くなっていきます。


生地やクッション、中には金属パイプ部分、

今回は、背もたれ部分についてです。
rk.jpg

上記の画像は、背もたれのジョイント部分が壊れ、

背をもたれる事ができない状態になってしまった、リクライニングチェアーです。


今回のケースは、背の骨組みが成型合板という素材で製作されている為、

修理できない状態でした。


背・座が分離しており、肘掛けの部分と背のジョイント部分に、

力が集中する構造になっており、過重に耐え切れず破損した状態になっております。


このような状態の場合は現状では買い替えするのが良いです。


リクライニングチェアーを購入する場合、

構造を見ることはできませんが、

背もたれ部分がどのようにジョイントされているかを見るのも良いです。


















posted by 家具修理屋 at 19:48| リクライニングチェア修理 | 更新情報をチェックする