2013年12月01日

回転椅子のメンテナンス(ちょっとしたこと)

家具修理札幌.comのブログです。

本日は、回転椅子のちょとしたメンテナンスのお話をさせていただきます。

回転椅子の回転する部分は、金属で、
購入時完成品の場合が多いかな、と思います。

長く使用していると、
金属板と木部をジョイントしている部分がゆるくなり、
ガタツキがしてくる場合があります。

そんな時は、裏を見てみると、

kaiten.jpg

たいていは、六角レンチでジョイントする仕様になっています。
上記の写真では、
左上:回転椅子の裏を見た状態
右上:ジョイント部のアップ画像
下2枚:ネジがゆるんでいる状態

画像では、完全にネジが緩んでいる状態ですが、
このような状態で長く使用していると、
回転盤の寿命も縮まる可能性があるので、
六角レンチで締めなおしする必要があります。

もうじき正月がきて、
実家に帰省される方もいらっしゃると思います。
もしかして、親が実家で便利な回転椅子使用されていたり

また、普段から回転椅子を愛用されている方も
いらっしゃると思います。

もし、回転椅子をお持ちでしたら、
年に一度くらいは、ネジが緩んでいないかどうか、
チェックしてみるのも、良いかもしれませんね。












回転座椅子専門サイトはこちらからどうぞ~回転座椅子
posted by 家具修理屋 at 15:04| メンテナンス | 更新情報をチェックする